スポンサーリンク

2013年12月09日

寒流オペラ「アイーゴ」終幕、「藍グレーの黄金」




民国からアル。寒流オペラ「アイーゴ」終幕、「藍グレーの黄金」、
仮面武闘会に向け、絶賛進行中アル。

まずは、某マッチョ兄さんからの愛国心溢れる在日諸君への伝言アル。

「慰安の寒流徴兵芸人は低レベルで問題行動が目に余ったのでリストラして、トーシロー芸で慰安したが、盛り上がりがイマイチ、アル。兵役義務のない在日女性芸人で、軍には簡素なマイクくらいしかないから、歌手な人や、自前の楽器を用意できる演奏家な方が、韓日友好のかけはしと称して、軍を慰問してくれたら嬉しいアル。もちろん、その芸人の身内の兵役についても、愛国成分の強い人向けの兵役を用意するアル。」

「冬季ウリンピックがヤヴァいアル。技術をもつ在日土建が一族郎党を率いて、社長を中隊長に、建設工兵中隊として、材料費実費で会場整備してくれたら、嬉しいアル。予備役も建設工兵小隊として、後方で橋をかけたり壊したり、宿営地を建てたりする、比較的安全なお仕事を用意するアル。」
と。
おおっぴらには募集できない案件なので、こそーり告知アル。

さて、ぶぶづけ判決のトンでも算定の余波、かの国にも届いたアル。
朝鮮学校が19号機関だということが知れ渡るにつれ、
「あいつら全員、売国奴かよ」
という不穏なつぶやきも広がったアル。
そりゃ、出先機関を通じて上に大金が流れることにホルホルしている
「自称愛国者」がいたら、
マッチョなお兄さんたちはブチ切れてしまうのも当然アル。
しばき隊とそのシンパ諸君が
目出度く「従北勢力・親北勢力」認定されたところで、
下の兵役事情についての噂アル。

下の兵役は、某掲示板ではガチホモ育成コースとして、醗酵の美少女達に大人気アル。
朝鮮兵は上下ともヘタレなのは、
米軍や人民解放軍のみならず、上下の現役士官も自覚していることアル。
上は、旧帝国陸軍の衣鉢を継ぐ者として、
厳しい鍛錬・統制で軍隊と国家に対する忠誠心を植え付けることで解決を図ったアル。
下は…、ホモの軍隊が最後の一兵卒まで勇敢に闘って全滅した話に感銘したエロい人が、
手っ取り早く仲間への連帯感と軍隊への忠誠を叩き込む方法として、
全裸道でのブートキャンプを思いついたアル。


北シンパだったり、韓国語学習意欲が低かったり、
愛国心や根性が足りない在日も、
このキャンプでは、鬼教官ズがいるので安心アル。
責任を持って、規律正しい・体格の良い・愛国心にあふれる韓国兵に仕立ててくれるアル。
気合が足りない在日兵には根性注入棒が用意してアルから、
まりんこゆみの韓国男子版、「Dick to ass!」で整列して、全力で頑張るアル。

最後に、マッチョなお兄さんは、
朝鮮戦争志願兵で戦死した在日兵のことも忘れていないアル。
しばき隊のせいで、本国の一部では在日は全員北シンパとされかけたが、
そんなことはない、愛国者は志願兵でやってくるから、
志願兵の案内を送ろうと頑張ってくれたアル。
ウリとしては、マッチョなお兄さんの努力が報われることを過負債神にお祈りするアル。

では、出番がなくやさぐれていた後輩君の手すさびを披露して、
お約束のはいはいワロスワロス、アル。


14: Trader@Live! 2013/12/06(金) 06:11:05.60 ID:lVEFMf19

「ぼく パンたん 第2章」

兵役が終わったら 空っぽの人間だった
俺が除隊したのは 大韓帝国ザイニッチ海兵隊
深い傷は はらわたにまで達していた

高木も月山も死んだ 背中から撃たれて死んだ
認識表以外は見分けがつかなかい顔だった
家族に勲章と遺体を渡すとき「奴は勇敢だった」と一言添えた

年老いた母は俺に言った
Shut up! 謝罪と賠償を!!
兵舎のベットに響くあえぎ声
耳から離れない ぼくパンたん

十年振りのイルボンは 何もかも変わっていた
俺が生きた証は 大韓帝国ザイニッチ海兵隊
幼馴染は 俺を9センチ野郎と呼んだ

寒流ブームは終わりだ 世界はKGH 世界中のポリが 俺にそう歌う
友達がはらわた破られ死んだのは こいつらの歌を聞くためだったのか

最後の無線 飯嶋は言った
三宅坂! My home, イルボンの良心!
帰んなくてよかったな 社民会館は
美しいままに ぼくパンたん

俺の居場所は どこにも無かった
そして帰還したのは 大韓帝国ザイニッチ海兵隊
戦場こそが 俺の故郷だ

世界中で洋公主が穴を掘らせるように 俺は新兵を掘って 掘って掘る
手にするウォン札に変わりなどない 少しクソの匂いがするだけ

鬼軍曹は 俺に言った
Like a fucking machine, nuts guy!
本当に機械なら 良かったのにな・・・
あの夢はもう見たくない ぼくパンたん

/<◕ ‿‿ ◕>\<こんなの出鱈目さ! 
         祖国を愛する諸君は、ウリと契約して海兵隊員になってよ!!
posted by kkk at 22:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日韓戦争を考察するB日本の態勢





日韓戦争を考察するB日本の態勢



日韓戦争もし勃発となれば発端は間違いなく竹島問題である。韓国では、「独島は我が領土。領土は国の存立に関わる問題である。この問題はいかなることがあろうとも妥協はできない。たとえ武力紛争になり、戦争に拡大したとしても絶対に勝利しなければならない」と小学生にも教育しているそうである。国民全部が火病になってしまったようですな。

さて、それでは日本国民はどうだろう。まあ結論から言うと、韓国とは温度差がありすぎて比較にならない。竹島に関する問題意識をはたして何パーセント
日本人がもっているだろうか。20%いるだろうか。いや小生には10%の自信もない。いったいこの温度差はなんなのか。理由は二つある。一つは竹島問題が
武力紛争、戦争にまでエスカレートするような問題とは認識していないことだ。まさに冷静で大人の対応といえよう。二つ目は日韓両国の優劣関係だ。日本人の
持つ韓国人に対する優越感は圧倒的なもので、これがこの問題にも余裕を持たせている。要は放っておけ。いざとなればどうにでもなるという感覚だ。よって一
般国民の戦争に備える態勢は全くないと言っていいだろう。



次に政府の対応だ。これは野田政権と官僚機構を分けて考えなければならない。朝鮮漬け民主党がバレバレでは朝鮮との紛争、戦争などできるわけがない。

韓国の意向に合わせた諸政策を進めてきた民主党、調子に乗った韓国の天皇の謝罪要求など言いたい放題やりたい放題にプラス竹島問題では進退窮まったと言っていいだろう。

政府民主党は竹島問題ではもはや引くに引けない。といって強硬路線がまかり間違って武力紛争とエスカレートしたその瞬間、民主党はつぶされる。戦争をするには、まず、後ろで鉄砲を撃つ者からかたづけなければならない。これは初歩的鉄則だからだ。

ちなみに自民党だが、民主党の窮地を笑ってはいられない。尖閣諸島の問題を抱えて同様の窮地に陥る可能性があるからだ。民主党の朝鮮漬けに対し、自民党はどっぷり中国漬け。

よってこの両党のどちらかが政権を取っている限り日韓戦争の可能性は低いと思う。

一般的に、2国間に緊張があり、また紛争や戦争状態にあるときは、政府与党は愛国政党であって、官僚はその点について考慮する必要はないものだが、今の日
本は世界史をひもどいてみても、まず見あたらない異様な状況にある。政策はじめすべて紛争相手国よりの政党が政権与党なのである。日の丸を否定する首相、
日の丸を否定する女国家公安委員長など、世界にあり得ない恥さらしだ。このような状況では、外交、防衛、公安関係にも二面性が出てくるのはやむを得ない。
官僚諸氏、大変だが頑張ってもらうしかない。



さて自衛隊である。ある海自関係者、戦闘態勢と戦略についてこう語る。「秘密、秘匿的なものは何一つありません。準備は整っています。竹島については、戦
闘員を捕虜にしろという命令であれば多少の時間はかかりますが、ただ片付けろという命令であれば10分できれいにします。相手をただ殲滅せよとの命令であ
れば駆逐艦、潜水艦等の艦船、戦闘機すべて2、3日で片付けます。その後は専守防衛にのっとって海上封鎖、空域封鎖ということになります。無益な殺生はい
たしません。相手の軍事力を殲滅しなくても、ただ引いて封鎖するだけで戦略目的は達成されますので,これで戦争は終わりです」実にあっけない話。軍事力大
差なんだな。



最後に日韓戦争勃発を前提に、国内治安対策に触れておかなければならない。10年以上前から各方面で指摘されてきたことであるが、今もって対応が進んでいないと聞く。その第一は在日問題である。第二次大戦のアメリカ
の日系強制収容事例と重なるようだが、内容は全く違う。アメリカでは日系でもとりあえずアメリカ人であったが、日本では在日は日本人ではない。日韓戦争と
なれば北か南か区別なく、とりあえず朝鮮人は敵国人である。即時、拘束、強制送還ということになるが、数十万人ともいわれる在日朝鮮人を、それも通名がほ
とんどの日本人もどきを区別して処理できるのだろうか。第二は韓国の在日棄民対策である。在日朝鮮人は日本にいるからこそ価値があるのであって、韓国に
戻ってくればただの厄介者である。やくざ、暴力団組織に属する在日など論外である。絶対に帰国を受け入れるわけがない。この在日を送還するのも至難の業
だ。

また別に、自衛隊が一番危惧している問題がある。いわゆる銃器問題である。アメリカ同時多発テロ以降、日本でも各担当省庁で対策がとられてきたが,米軍基地から横流し、流失する武器の量は、一時は激減したものの、リーマンショック
降は元の木阿弥だそうだ。そしてその種類も、ピストル、小銃、自動小銃、手榴弾、バズーカ、なんでもありだという。関係者は,全国規模、またその予測され
る武器の種類、量からみて、まず疑いなく在日がらみであろうという。自衛隊の場合、戦争あるいは紛争時の相手は敵正規軍である。国内紛争や治安対策の場合
は基本的に警察や機動隊が対応する。日韓戦争勃発時、敵国民、在日を拘束し強制送還を担うのは警察と機動隊である。警察も機動隊も一般的には、取り締ま
り、拘束、逮捕、まれに治安、鎮圧が仕事であって,銃器を伴う戦闘を想定した組織にはなっていない。

軍隊同様の装備をして待ち構えている相手に警棒やピストルで向かっていけば、すさまじい犠牲が出るのではないか。自衛隊はこれを危惧しているという。とりあえずこちらも重装備するしかありませんな。












posted by kkk at 22:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

自衛隊OB放談会 日中戦争:余命3年時事日記




自衛隊OB放談会 日中戦争:余命3年時事日記
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2013-09-13-1


司会....現在、尖閣周辺海域は海保が主体でパトロール、空域の領空侵犯に対しては空自がスクランブルをかけるという対応ですが、中国の尖閣に対する意図は何でしょう。

C....国内対策的に何かやっておかなければまずいということではないかと思います。彼ら現場では幹部が「日本は決して攻撃してこないから安心しろ」と口癖のようにいっているという確かな情報がありますから、日本の憲法上の制約を見越しての対応であることは間違いありません。逆にその緊張のゆるみがレーダー照射につながったともいえますが。

D....確かに統一戦略の下に動いているという感じはないですね。出先の部隊が、それも海空それぞれ好き勝手にばらばらに動いているという感じです。

差し迫った戦争を意図しているのであれば、先般の中ロ演習のあと津軽海峡突破とか宗谷海峡通過。潜水艦の第1列島線突破とか爆撃機宮古島上空通過とかはあり得ない行為で、それを政府メディアを使って大々的に国内宣伝に使う状況では戦争はあり得ません。先日米リンパックに中国艦3隻ハワイに入港という記事がありましたが、いずれの行動も日本側に貴重な情報を提供しているだけです。


国、韓国は近代戦の経験がありません。海戦については全く未経験です。ところが日本は米と熾烈な海戦を経験してきました。砲戦から機雷戦まであらゆる経験
があります。近代戦では敵よりも早く発見、早く攻撃が鉄則です。海戦においては空の監視と海中の監視がありますが、発見は早くても、敵味方の識別に時間が
かかるのです。識別信号を送ることは逆探知で先に攻撃を受けてしまいます。うかつに送れないのです。その一瞬が勝敗を分けてしまいます。


のあとふれることになると思いますが、沈止機雷の場合、識別センサーを幾種類かもっています。それは誤って味方を攻撃しないようにする保険としてもってい
るのです。その一つに艦船のスクリュー音があります。それぞれ固有の音をもっているのでこれ一つで識別ができ、即攻撃ができます。

仮想敵国の海軍艦船のこの情報を手に入れるため各国血眼になりますが、実に困難な作業です。先述の艦船は明瞭な識別音を提供してくれました。中国海軍現有の潜水艦すべての情報も掌握しております。こんなことは人民解放軍上層部は当然把握しているわけで、そういう意味からも戦争はあり得ないと思います。


B....あくまでも仮定の話ですが、もし中国が尖閣諸島に侵攻した場合、占領、確保、死守のパターン以上には進めないでしょう。日本本土への侵攻は現実的に不可能です。
ころが占領地尖閣の確保だけでなく、戦争となれば中国のシーレーンそのものが脅かされます。米が後ろにいるだけに戦線は膠着します。長引けば経済が崩壊、
内政治安ももたないでしょう。100歩譲ってそれらが持ちこたえたとしても、開戦は日本の武装強化、憲法改正をまねくことは必然で虻蜂取らずとなります。
私も可能性はないと思います。


D....第二次大戦において米軍は港湾海域
に大量の機雷を爆撃機から投下設置しました。これは日本に強烈なボデイブローとなりました。その当時の機雷と現在では比較になりません。全く別の兵器と
言ってもいいくらい進化しています。魚雷、機雷、ホーミング等で検索すれば軍事機密と思われるような情報が詳細にわかります。当時の機雷は待ち受け式で、
攻撃能力はありませんでしたが、現在では機雷は魚雷という機能を両方備えているのが普通です。それも各種センサーを装備して疑似作戦にもひっかかりませ
ん。この部分は海自の10式戦車と言っていいと思います。(笑い)

海自の海中ネットワーク攻撃システムはすでに完成していて運用されています。中国潜水艦については既存の全潜水艦の情報は完璧に把握できていますので東シナ海から一歩も出ることはできません。出ようとすれば自動的に撃沈されます。日本の海峡部分はもとより、東シナ海の大陸棚は浅く、秘匿通過しようと思えばルートが限定されるので沈止機雷で簡単に撃沈できるのです。(笑い)


民解放軍海軍の水上艦艇についても同様です。台湾東海域における機雷封鎖は他国民間船舶の関連で政治的な問題が生じますが、航行禁止海域指定するまでもな
くこんな海域を航行する船舶は撃沈されることを覚悟の船舶しかないでしょう。軍事的には完全に封鎖できます。実際には民用と軍用艦船の識別も可能ですが、
この辺は軍事機密です。(笑い)

日本は専守防衛、また中国侵略の意図はありませんので、対中国対峙海域を封鎖してもこちらから越えることはないから全く問題がないのです。

司会....Dさんのお話を伺っておりますと中国は戦争など考えられないと思うのですが、要はこの日本の自衛隊の防衛能力を知らないということでしょうか...

D....多分そうだと思います。
本の対潜水艦防衛技術は冷戦時代の米ロの最前線で極東のロシア潜水艦を太平洋に出さないという戦略のもとで叩きあげられました。今では対潜水艦に関しては
世界一の水準です。よくP3Cや対潜ヘリは話題になりますが、実は凄いのはまさに海中なのです。これは極秘のかたまりなので詳しいことは言えませんが、海
中では通信が不便です。通信のための浮上は特に原潜はタブーです。この海中における通信システムを日本は作り上げ実用化しています。限定された海域での日本独自の特殊システムで世界のどの海軍もこんなシステムを考えようともしていません。ところが時代が変わり仮想敵国がロシアから中国に変わっても、その地理的関係は同じ条件であるため、今でもそっくり使うことができるのです。中国はもともと沿岸海軍で近年急速に外洋海軍を目指していますが、海戦の経験が全くないため、あちこちが穴だらけです。見栄えのする空母やイージス艦をそろえてきていますが、海軍力は全体のシステム力です。潜水艦を造ってもその運用力がなければただの鉄のかたまりです。特に原潜についてはチンドン屋で(笑い)実戦には全く使えません。要するに戦争相手の能力と実戦とはどういうものかということが全くわかっていないと思います。

E....全面戦争の事態となって、敵を見つけ次第攻撃殲滅せよという命令が出ているのであれば、空自の防衛能力に問題はありません。日本の場合は中国と戦争とはいっても国土防衛戦争ですから、いわゆるハリネズミになっていればいいわけで、海自さんと同様にモグラ叩き戦法(笑い)になります。列島周辺網の目にレーダー監視網が張り巡らされる中を突撃してくる戦闘機や爆撃機はいないでしょう。ドッグファイトにはなりません。近代戦は目に見えたときには終わっているのです。現在、尖閣周辺に中国の艦艇がうろついたり、空域を戦闘機や爆撃機が飛行するのも日本は攻撃しないという前提に立っている行動で、発見次第撃墜というような事態であれば一切なくなります。現在、中国基地発進次第把握できるような準備もしているところです。海自、空自と衛星監視システムとの連携で中国海空軍は身動きができないと思います。

F....出撃した潜水艦がすべて消息不明、出動戦闘機がすべて帰還せず、出撃艦隊全滅というような凄まじい被害を受けるまでたぶんわからないのではないかと...(笑い)


個々の兵や兵器が優れていても戦争は組織の戦いです。空母やイージス艦を増やして、ステルス戦闘機をつくる。これだけで世界制覇できるほど世の中単純ではありません。
いざとなったら核を使えばいいという考えはまさに弱者の発想で、相手がもっていないから使うという考え方はそれこそド素人の発想です。どうも人民解放軍三軍はばらばらで、政権と軍部との戦略的意思統一もないように感じます。
皆さんと同じ結論になりますが中国の全面的侵攻は人民解放軍の壊滅をまねくだけだと思います。

E....陸自さんの苦労を聞くと空自は楽だなあと思いました。(笑い)今、基地周辺は戦争前夜のように何かぴりぴり感をもったスパイがかけずり回っている感じです。(笑い)

C....Eさんの話じゃありませんが、海自でも基地周辺はスパイの巣です。中国の基地周辺に日本人のスパイが群がるなんて想像もできませんが日本では現実なんですね(笑い)これだけさらけ出していても世界一とはこれいかにと時々日本人の凄さを感じたりしますが。ま、これは余談です。

尖閣では当初は海保が対応します。Eさんの話にありましたように海保は大変だと思います。海自としてはどのような形での開戦であれ作戦は先述の通りで引いて封鎖すれば戦争というより中国という国が終わります。開戦は軍部の暴走か、現場の偶発的衝突ですね。


D....全面戦争は中国が100%負けます。しかしCさん言われる暴走、偶発的衝突はかなりの確率であると思います。

そのあとの処理は政治的な問題ですが、とりあえず在中の約14万といわれる邦人の安全な帰国について対策を確立しておいてもらいたいですね。
日中国人が約50万とはいってもそれは動員軍属です。日本人は民間人です。人の命の軽い国ですから、流れから言って人質に取られる可能性がかなりあると思
われます。その場合政府はお手上げで全く打つ手がないでしょう。こちらも中国人を人質に取るようなことが果たしてできるでしょうか。現状では自衛隊は専守
防衛の軍隊です。海外救出作戦はできません。

従って冷たいようですが、このような状況下に危険な場所にいて帰国できないのは自己責任としてあきらめていただくよりないのです。進出企業には考慮願いたいですね。それと海自の封鎖作戦は韓国海域も当然含まれますので韓国との衝突も必至でしょう。この問題はこのあとということですので、その時に...。

posted by kkk at 22:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金ってどう思います?




81 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/02/23(土) 22:34:53.77 ID:LBm8tMDo0 [2/11]
ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金ってどう思います?

●【テレビ朝日】ドラえもん募金の約9割を大西健丞氏のNGO経由で北朝鮮に送金か。

「テレビ朝日では、平成16年12月28日から平成17年1月31日まで 「ドラえもん募金スマトラ沖大地震被災者支援」
を行ってまいりました。 皆様から寄せられた善意の募金88,760,300円にテレビ朝日からの寄付金2,500,000円を加
え、 募金総額は91,260,300円となりました。 このうち59,000,000円については、既に寄付を済ませておりますが、
残りの32,260,300円を日本赤十字社に寄付することを決定、2月17日に贈呈しました。 この結果、寄付先と金額は下記の通りとなりました。

募金総額 91,260,300円
AMDA 3,000,000円 3.28%
日本ユニセフ協会 3,000,000円 3.28%
日本赤十字社 3,000,000円 3.28%
ピース・ウィンズ・ジャパン 82,260,300円 90.13%
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451772389

もちろん現地で活動するNPOに対して資金提供する事は必要です。 ただし、ジャパン・プラットフォームについては上記の事以外にもキナ臭さ満点なんです。
ジャパン・プラットフォームはピースウィンズ・ジャパンという団体(NGO)・経団連・外務省が共同で設立した団体
です。 このピースウィンズ・ジャパン、モンゴルでのNGO事業を巡って、外務省から必要以上の補助金を受けていたことが発覚し、 一時的に補助金差止めとなる措置が取られたという過去があります。
また、ピースウィンズ・ジャパンとジャパン・プラットフォームの設立に携わった大西健丞という人物についても、調べると怪しさ満点です。

お前ら!

駒崎弘樹 大西健丞

こでググルなよ! 絶対にダメだからな!
posted by kkk at 22:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

习近平 海外资产 3亿7600萬美元 姐姐夫妇, 加国国籍 




习近平 海外资产 3亿7600萬美元 姐姐夫妇, 加国国籍 
习明泽 美国国籍
香港资产  特定企業资产 5560萬美元
江泽民 江锦恒 美国梦工厂 华人文化产业投资基金 200亿元侵吞
长孙 江志成 美国国籍 海外资产 15亿美元
曾庆红 夫人蔣梅  子 曾偉 澳大利亚国籍 海外资产 500萬澳元 

贾庆林之孙 李紫丹 美国国籍 美国名 Jasmine Li 

胡海峰 胡锦涛之子,清华控股有限公司 资产126亿元 1320萬美元侵吞  
温家宝 海外资产1亿2000萬美元 温家宏 海外资产2亿美元 
温云松 香港资产1亿美元
杨洁篪之孙 杨家樂 美国国籍

天朝洗銭(笑) 准备逃走完成!(大笑)  中国共产党 完蛋了,,,





posted by kkk at 22:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク